庭木の剪定時期

こちらでは樹木の剪定時期について書かせていただきます。どうぞご参考になさってください。

樹木の剪定は樹種によって異なりますが、様々な事情や状況により剪定適期ではない時期に剪定を行う事が多いのが現状です。 そういった場合は樹木の特性や状態や条件に合わせ計画を持って剪定を行う必要があります。

 

種類別の基本的な剪定時期

常緑針葉樹(スギ・マツ・マキ・コニファー類)

新芽が育つ前の3月~4月

マツについては5月のみどり摘みを行い、10月~1月に古葉を取りもみあげを行う。

常緑広葉樹(カシ・キンモクセイ・サザンカ

3月下旬~4月下旬の新芽前、5月下旬~6月の新芽が固まるころ、9月~10月ころ、寒さに弱いので11がつ~2月は基本的な剪定は避ける、夏季は樹木が衰弱しやすいので枝を軽く透かす弱剪定を行う。

落葉広葉樹(アオダモ・モミジ・ヤマボウシ

落葉後の樹木の休眠期 12月~2月、3・6・9・10月は弱剪定なら可能、4・5・7・8月は剪定を行うと樹液が流れ出し樹木が衰弱する恐れがあるため剪定を避ける。 

 

その他メニューのご紹介

弊社のサービス内容について説明しております。

弊社の樹木の剪定について説明しております。

弊社の施工事例について説明しております。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

06-6846-8770

受付時間:8:00~18:00

お問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。まずは気軽にご連絡ください。